LANDISKからの特急データ復旧|株式会社リプラス 特急データ復旧ウィンゲット

データ復旧とは、LANDISKが起動できない・エラーランプが点滅する・アクセスできないなどの故障してしまった状態から、ハードディスク内に保存されていたデータを取り出し、新しい別のハードディスクにデータを納品してお渡しするサービスのことを言います。

修理LANDISKをまた使える状態に直すことであり、メーカーなどに修理を依頼されると、中のデータまでは保証されず、初期化してLANDISKが使えるように直す場合もあります。


そのため、「必要なデータがLANDISK内に残ったまま」「バックアップが取れていない」等の場合は、データ復旧を行ってから修理を依頼されることをお勧めします。


お電話でご予約後、その場で無料診断。症状の分析と復旧が可能な状態か、御見積もりが可能です。
お客様の近くで対応できるよう、長野には7箇所の窓口があり、それぞれ簡易診断や受付が可能です。また、全国各地に窓口を設けております。店舗への持込が難しい地域の方々には、ご郵送での受付も行っております。


「機密情報なので、社外に持っていくことができない」「とにかく急いでいるので緊急で対応してほしい」「持ち出しができないパソコンなので、現地で対応してほしい」というお客様におすすめなのが【出張サービス】です。
お客様の元へ、当社技術スタッフが伺い、現地でデータ復旧を行います。


「明日までにデータが必要!」「朝までに必要な書類を復旧してほしい」等のお客様のご希望に応えるために、即日対応や夜間緊急対応も可能です。必要なデータ量や機器の障害状況などの様々な要素によって復旧の作業時間は変わりますが、お客様のご希望に沿えるよう尽力いたします。


データ復旧専門の会社ですので、セキュリティ強化のために暗号化をかけていたハードディスクや、ハードディスク自体が物理的に故障している重度障害の場合も、データ復旧の対応が可能です。


当社ではお客様のデータを取り扱うため、プライバシーマークの取得やISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得しております。
お客様からお預かりしたハードディスクは、出入り口に暗証ロックキーを備えた厳重な部屋に保管する等、常に細心の注意を払って作業を行っております。


当社では官公庁様をはじめ、多くの法人・個人様とのお取り引き実績がございます。
お客様にご満足いただけるよう、一人一人のご事情や状況に寄り添ったサービスを提供していますので、様々な業種のみなさまにお選びいただいております。
詳細は長野データ復旧公式サイトよりご確認ください。 長野データ復旧公式サイトはこちら

フリーダイヤル(0120-703-845)もしくは当ページ下部にあるお問い合わせフォームからお申し込みください。スタッフがお客様にあった受付方法をご案内いたします。

お近くの店舗へお持ち込み、もしくは郵送で機器を送ってください。(郵送の際の送料は弊社負担となります)
出張の場合は弊社スタッフがお客様の元へ伺って、現地にて診断を行います。
持ち込み・ご郵送・出張の際には下記【無料診断申込書】が必要になりますので、ダウンロードをしてご記入ください。

データ復旧が可能かどうか診断を行います。診断はおよそ60分の予定ですが、内容によっては時間がかかる場合もございますので、ご了承ください。診断が終わり次第、お客様に結果をご報告し、お見積もりやデータ復旧にかかる時間などをお伝えいたします。

データ復旧の成功時に、お支払いいただきます。お支払い方法はクレジット決済もしくは銀行振込での対応が可能です。復旧不可の場合、無料となります。

復旧したデータは新しい別媒体(DVD・ハードディスクなど)に入れて、お客様にご納品いたします。

突然アクセスできなくなったI・O DATA製LAN DISKからデータ復旧に成功

長野県・法人様(建設業)

IODATA LANDISK
HDL2-A4.0RT
2TB×2台構成 RAID0


お客様からの症状

社内の共用として使っているLAN DISKが突然どのPCでもアクセスできなくなりました。本体を再起動しても状況は変わりません。RAID1で組んでいた覚えがあったためデータを取り出すために偶然社内にあった外付けハードディスクのケースに入れてPCに繋いでみましたが、「フォーマットしますか?」というメッセージが表示され、データの取り出しが出来ませんでした。明日までに必ず必要なデータも入っており、非常に困っています。

スタッフからのコメント

物理障害が出ていた1番ハードディスクを再度診断機器に繋ぎ、データを読み取るヘッド部品の動きを調整しつつ磁気情報を読み取り別の正常なハードディスクに転写しました。こうして生成されたクローンハードディスクと2番ハードディスクを専門機材に繋ぎRAID情報を解析することによりデータの取り出しに成功しました。お客様にはその場でご確認いただき問題無しとの判断でしたので即座に納品を行うことができました。

全部のハードディスクに障害が発生したIODATA製LANDISKからのRAID6データ復旧成功

長野県長野市・法人様(製造業)

IODATA LANDISK
HDL-XR2.0
500GB×4台構成 RAID6


お客様からの症状

ある日ディスクエラーが発生してLANDISKにアクセスできなくなりました。最初は、2番ハードディスクだけにエラーが出ていたのですが、電源の入れ直したりしても状況が変わりません。自分たちではどうしようもないのでLANDISKを導入してもらった業者さんに相談したところ、その業者さんが以前にお世話になったことのあるウィンゲットさんを教えてもらい連絡しました。

スタッフからのコメント

今回は無事にデータの取り出しができましたが、機器に異常が発生した後、電源の入り切りを何回もしたり、よく分からないままにハードディスクを交換したりしてかえって状況が悪化し出来たはずのデータが復旧出来なくなってしまう可能性があります。故障した際には、ご自身では何も操作せずにデータ復旧専門業者の当社にご相談下さい。当社では、RAID6の機器に関しても数多くのデータ復旧の実績がありますのでお困りの際は、是非ご相談下さい。

お客様区別
氏名
※必須
氏名
法人名
TEL
※必須

※日中、ご連絡可能なお電話番号をご入力下さい。
E-mail
※必須

※日中、ご確認可能なメールアドレスをご入力下さい。
ご相談・申込種別
※必須
故障機材
※必須

ご質問・ご依頼内容
(障害機器の状況・復旧が必要なデータの内容や量・データが欲しい納期などをお書きください)

個人情報の取り扱いについて

上記の記入が終わりましたら、送信ボタンを押してください

社名

株式会社 リプラス

所在地 <東京本社オフィス>
東京都千代田区神田須田町2-7-3 VORT秋葉原ビル5F
<名古屋本社オフィス>
愛知県名古屋市中村区名駅2-38-2 オーキッドビル5階
<大阪オフィス>
大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル 7F
<札幌オフィス>
北海道札幌市中央区南一条西10-4-167 小六第一ビル6F
<横浜オフィス>
神奈川県横浜市中区扇町1-1-25 キンガビル3F
<福岡オフィス>
福岡県福岡市博多区博多駅南1-3-6 第3博多偕成ビル11階
創業 1999年
設立 2003年7月29日
資本金 1,000万円
従業員 50名
3つのNo.1
拠点数
公式サイト
関連サイト